« 2006年1月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年2月20日 (月)

いまさらバレンタイン報告

久々にネットつなげた☆


チリコさん。かのみんさんへ私信>>
レス半端でごめんなさい。
mixiは主にケータイから入ってて検索できなかったけど、
せっかくだから今日、チリコさん検索してみます★
でもmixiのほうは完全に友達向け近況報告だから、
リアル友以外には公開してないのですよ。ごめんなさい m(__*)m
mixiIDもう一個ほしいと思う今日この頃。。。




さて、バレンタインデーがいつのまにか過ぎていました(^^;
うちは13日の夕方から14日の朝まで夜勤、
14日は夕方から家庭教師で、当然手作りしてる余裕はなし。

14日の夜に買いに行ったんだけど、
さっちんには毎年手作りをあげてたから、買ってあげるってなんかぴんとこなくて。
結局お父さんの分だけ購入して帰りました(弟の分忘れてた・笑)


でもあげないっていうのもあんまりなので、
バレンタインから数日後に安売りになったバレンタインチョコ買ってあげました。
結局買うなら当日にあげたらいいのに。。。って思う?思うよね。
だって半額だったんだもん!!!

美味しかった。トリュフとガナッシュ。
半額だったから2つも買っちゃった。



引っ越して落ち着いたらちゃんと作ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

留守番を命ぜられ

ちょっとこっちの日記を更新する癖をつけよう・笑。



今日は、18時まで家庭教師をしていました。
そのあとにちょっと人と出かける予定をたててたんだけど、
さっちんによって却下されました。。。




さっちんが、よりによって今日、ゼミの飲み会。

で、最初はどこでやることになるかわかんないから
迎えに来てもらわなきゃ困るって言われてね。
だから夜出かけるな!ときたわけですよ。


うちも飲み会のたびに迎えに来てもらってるし、、、
って思ったけど、よーっく考えたら、
2回に1回は駅から歩いて帰ってるんですけど(-ω-*)


そりゃ確かにこないだの飲み会のときは新札まで迎えにきてもらったけどさぁ。



でもね、別に迎えに行かないって言ってるわけじゃないの。
ただ用事があるから23時以降になるけどってだけで。



したらさっちん、
「なんで23時までおらなあかんねん。
帰りたくなったらどうすんねん。」









くそわがままな!!(`д´)







っていうかさ、っていうかさ、
うちが飲み会で迎えに来てもらうときはさっちんが勝手に時間決めて
「○○時までに駅に来なさい」とか言うくせに、
自分が飲み会の時は自分に合わさせるっていう
その根性が気に食わない(`ヘ´#)





しかも結局、うちの近所の居酒屋だしね。
徒歩5分だよ?
それが決まったのが17時だよ?

だからその時点で
「じゃあ出かけていいよね?」
って言ったのに、


「夜に出かけさせるのは心配や」
「誰かが酔いつぶれた時に車出してほしいし」


とか理由つけて結局出かけられなかったー!!
(ノ_<。)うっうっうっ




そしてもう23時になるしょや。
出かけててもよかったんでしょや。






一緒に暮らし始めて3年目だけど、、、
一緒に暮らすって、大変。今さらだけど・笑。






でもその代わり、
日曜日はバイト休んで出かけてきていいってー☆

ってことは、
日曜日に友達と遊びに行く件はダメになったわけか。。。


うーん。。。






でもうちが我慢したり妥協したりしてる分、
さっちんもきっと色んなこと我慢したりしてんだよね。
きっとそうだ。



そうだと信じたい・苦笑。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

気持ちの変化

最近さっちんと小さな喧嘩がたえない。
喧嘩してなくても、どことなくうまくいってない。


やだなぁ、こんな感じ。
このまま大阪行って、二人で暮らして、うまくやっていけんのか?



原因はわかってます。
うちの気持ちの変化。



って言っても、別にさっちんを嫌いになったとか、
冷めたとか、そんなんじゃないから安心して・笑。







なんかね、知り合いの信頼してるおばさんがいっつも

「夫婦関係をうまくいかせるためには、
女の人が男の人に気持ちの上で勝っちゃダメなの。
いつでも男の人を尊敬して、たててあげなくちゃ。」


って言ってくれてたの。
どんだけ態度でへりくだって見せても、心の中で、
「あんたなんか給料も低いし、全然だめ。」とか
「私のほうが学力が上だから頭がいい。」とかね。
そういうふうにちょっとでも思ってると、旦那さんにそれが伝わって
なんとなくうまくいかなくなるって。



で、うちはいつもそれを聞きながら、

「そうだよなぁ。そんなふうな女の人は最低だよ。
自分だったら絶対そんなふうには思わない。」


と自信満々だったんだけど、最近、
おばさんが警告してた通りになってきた。




うちは春からの仕事が決まったけど、
なんだかんだで、さっちんは結局就職はせずに、
11月の試験に向けて家で勉強。


それでいいと思ったの。
さっちんが家にいてご飯作ってくれたりしたらうちも助かるし、
11月に向けて頑張って勉強もしてくれてんだし、
今だって一緒に住んでるんだから、春からだって一緒に住みたいし。






でもさぁ、なんかどっかでね、

春からうちは社会人。さっちんは無職の資格浪人。

っていうのが、引っかかるっていうかなんていうか。。。。
おばさんが言ってたように、
心のどっかで、うちのほうが勝っちゃってんだよ。

うちの給料で食べさせてあげる。みたいな感じがあってさ。







それに、うちはやっぱり、年相応の振る舞いを期待してんだと思う。
逆に言うと、実際年齢以上のことは期待してないの。


だから、年上なのに同い年だと思うくらいしっかりしてる。とか、
同い年なのに2歳くらい年上みたい。っていうのに弱かったの。
さっちんに対しても、
「すごいなぁ。同い年なのにこんなにしっかりしてる」


逆にお兄ちゃんは嫌いだった。
「9歳も上なのになんでこんな子どもっぽいの!?」とね・笑。

実際に子どもっぽかったかは知らないけど、
うちが12歳のときに、お兄ちゃんは19歳。
そしたら、いまのお兄ちゃんと、9年後にこうなってるであろう自分を比べちゃうの。
そうすると、もちろん9年後の自分のほうがしっかりしてんのさ。理想像だから・笑。
子どもの考えそうなことだけど、この感覚は今もちょっと残ってると思う。






そういうわけで、
さっちんに対する感情が少し変化してしまった気がすんの。

今までは、もうとにかく
「さっちんすごいなぁ」って言う感覚だったのさ。
オリラジの慎吾ちゃん並みに。
「すごいなぁ。すごすぎるぜ、さっちん!!」


それが今は、見下すとまではいかないけど、「普通の人」だね。
現人神だと思ってたのに、いきなり人間宣言されちゃったー、みたいな。




うちが働き始めたら、ますますこんな感じが強くなっていくのかな。
春からうちは社会人だもんね。。。




おっと、さっちんが帰ってきちゃった。


今日はここまで。
解決のない日記でごめん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年7月 »