« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月28日 (土)

鞄買ってあげたい

今日のこと。



車で買い物に行って帰ってきて、
マンションの駐車場で車から降りるとき。



なんか、音に表せない感覚が鞄を伝ってうちの右手に。
視線を落とすと、



うちのトートバックの外側についてるポケットに
さっちんが一生懸命「携帯小型テレビ」を入れようとしてんの。






そして一言、


「あかん。入らへんわ。」







人の鞄に無断でテレビをつっこもうとしてたくせに、
普通に「入らへん」とか言うさまが妙に可愛らしくて笑ってしまいました。





いっつも人の鞄に物入れるんだよ。
もっと鞄を持ち歩いてほしい。。。


そもそも学校以外に持ち歩ける鞄がないのか。
買ってあげたいなぁ。でもお金がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

引越し費用はどうする!?

2006年も、もう10日目ですね。
いまさらですが、あけましておめでとうございます。
年末年始は、またまた大阪へ行ってバタバタしてました。



ほんとにもうすぐ卒業だし、
そろそろ春からの生活のことを考え始めよう☆
ってことで、ウキウキわくわくとお部屋探ししたり、
ベッドか布団かとか、テーブルは椅子か床かとか、
さっちんとさっちんと話し合って楽しんでおりました。



しかし!!

問題発生。




まず1つ目、
新生活に必要な家電・家具は誰が買うの?


普通に考えると、二人で折半、だよね。

でもさっちんの言い分は、

「自分は春から仕事がないからお金がない。」
「本来なら実家に帰るべきなのに、みそこと暮らすために家電買うお金くれとは言えない。」
「みそこは春から一人暮らしをすると思えば、もともと全額出すことになるんだから。」




へ?
二人暮しをはじめるのに、
家電とか家具とか、うちのお金&うちの親の援助のみなの??


ね。ここでまず疑問でしょ?
でも、荷物を送る費用はさっちんが全額出してくれるって言うから、
(さっちんのお父さんが運送会社だからその関係で。)
だから、まぁ、輸送費用分を家電に回したと思えば。。。





と、自分を納得させようとしているところに、
追い討ちをかけるように2つ目、
「必要な家電」、「安く済ませる」の感覚が違いすぎる!!



うちの計画ではね、
大学進学で一人暮らしをする学生が最初に必要な程度のお金
で全てを準備しようと思ってるの。

いくらかかるか知らないけどさ。
敷金礼金・引越し・最初の家賃で10万、
家電・家具の購入で10万ってくらいじゃないの?



ところがさっちん、

「冷蔵庫は大きいのを買ったほうがいい。二人暮しだし。二人とも料理好きやから。」
「エアコンは絶対ないとあかん。電気代を考えると、最初についてるやつよりも自分で性能いいやつを買ったほうがいい。」
「洗濯機は毛布も洗えるように7キロはないとあかん。プラスチックはかびるから、アルミのほうがいい。」
「固定電話もつけたほうがいい。社会人なんだし、なんかの契約に必要や。」



この時点で軽く30万超ですよ。


うちが、
できるだけ安く済ませたいから
最初は学生一人暮らし並みの家電でいい!
お金が溜まってからまた買い換える。

と主張すると、


性能いいのを買ったほうが電気代が安くなる。
それに最初に買ったのを数年で買い換えるよりは、
最初から高性能のを買って長く使ったほうが、
長い目で見ると安く済む。




これが困る。
どっちかが「お金のことなんか考えなくていいよ」
って感じの適当な主張なら説得もできるだろうけど、

うちもさっちんも、お金をできるだけ安く済ませようとしてんの。
ただその方法が違いすぎる。






そりゃ、長い目で見ればさっちんのほうが正しいのはわかってるよ。
うちだって、余裕があればいいのを買って長く使いたいさ。
でもね、今の時点でお金がないのをどうするの。って話でしょ。


じゃあローン組んで買うの?

最初から借金でスタートしてどないすんねん。



ですよ。
遠まわしに、「親に頼んでお金をもらって来い」って言ってるんだよ。
(被害妄想?そんなことないよね。そういう風に聞こえるよね。)




それから必要な物の違いね。
東北生まれ北海道育ちのうちには、
はっきり言って、エアコンの必要性がわかんないよ。

あれば便利だけど、涼しいけど、お金ないのに買うもん?
うちの中でエアコンは「贅沢品」の域に入るね。「必需品」ではない。



でも大阪育ちのさっちんにとって、エアコンは「必需品」らしい。
そんな必要不可欠なもんなら、最初から部屋についてるでしょ。
なんで自分で高いお金払って買う必要があるの??
性能が・・・とか、音が・・・とか言われても、
普段使ってないからよくわかんないし。

窓開ければいいじゃん、と思います。
「窓開けても涼しくないんじゃ!!むしろ暑いわ!!」
というさっちんの主張には全く共感できません。




逆にうちがほしいのは石油ストーブ。

なんかね、燃えてる様が見えないと暖かい気がしない。
だから電気ストーブ嫌いなの。
ついてんだかついてないんだかわかんないから。
ハロゲンヒーターはいいね。赤くなるもん。視覚が大事なんだよ・笑。


でもさすがに、大阪で石油ストーブ取り付けることはないと思う。
一軒家たてることがあったら是非つけたいけど・笑。
賃貸のうちはちゃんと我慢します。
代わりにコタツ買ってくれるみたいです。
「中赤くなる?」って聞いたら、最近のは赤くならないらしい。
赤くないと暖かくないのに。。。






そんな感じで、
新生活を想像するのは楽しいけど、実際に引越しとか、
家電購入とかになると問題が多いなぁと感じてます。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »