« 施設実習二日目 | トップページ | この辺でちょっとペースダウン »

2005年7月21日 (木)

大学生活に戻りました

昨日でホームヘルパー1級の実習が終わって、
今日から大学に復帰いたしました


実習は色々ありましたね。。。


Kさん(女性で認知症、車椅子使用)に
「一緒に食堂へ行きましょう」って言ったら

「あんたじゃない。あんたとは行かない」

って言われて一緒にきてもらえなくて、
でも職員からは「コミュニケーションとって説得して」って言われて、
車椅子の横にしゃがみこんで車椅子のアームレストに手をおいて話してたら、
Kさんの腕にうちの手が触れて、

「いまあんた私のことつねった!!痛い、痛い!!」

から始まり、

食堂へ行くなんていって、私を殺す気でしょう。」
「みんな行ってるなんて嘘ついて、私を殴る気ね。


って感じになっちゃって、どうしようかと思いました



車椅子の向きを変えて、
廊下と、その先の食堂と、
ほかの利用者が行ってるとこを見てもらったら、
あっさり納得してもらえたんですけどね。

いやぁ、勉強になりました。






嬉しいこともあって、

とってもおしゃれなMさん(女性・車椅子)っているんですよ。
実習2日目の日記にも出てきた、

「ちゃんとわかってないで来たら迷惑!」

って言ってた方なんですけど、

そのMさんの着替えを手伝ってたら、
うちがいちいち職員に聞かなければ
何もできないことにイライラしたみたいで、

すっごい怒られちゃって、

「私はね、YESかNOかはっきりしてないと嫌なの!」

「そんないちいち他の人を呼んだり大げさにしなくたって、
ただ私が言ったことをやってくれればいいのよ!!」



とか言われてたんですけど、

ちょっとした援助のときにMさんが言ってることをすぐ理解することができて、
それがMさんにもわかったみたいで

「よくわかったわね。
今まであんたにきついこと言ってごめんね。
あんた頑張ってるのに。私が短気なもんだから。」


って言ってくれました。

じーんとしました。




その後もMさんはうちが他の人を介助してるのをじっと見てくれてて、
違うと思ったことは、わざわざうちを呼んで教えてくれました。

教えてもらったとおりのやり方で介助するところもちゃんと見てくれてて、
その後もうちを呼んで、
「そうやって色々研究したり、他の人を見たりするんだよ。」
と言ってくれるんです。


実習最後の日も
「もうやり方覚えたでしょ。」って。


認めてもらえたみたいで嬉しかったけど、
その日のその介助が最後の介助だったから
なんか悲しかったです。





そうそう、実習2日目の日記で出てきた、
「あっちへ行け」って言う方。


その後もそんな感じで
「でぶ!」とか「ばか!」とか言われてたんですけど、

実習最終日に突然うちの目の前で止まって、

「あんたが一番めんこい。
今までずっと見てたけど、あんたほんとにめんこい。」

みたいなことをおっしゃってきて、

「でも今日で最後なんですー。」って言ったら
なんか泣かれてしまいました。


なんだったんだろう。
その日はその方、みんなにやさしかった。

たまたま機嫌がよかったのかな?笑。







そんな感じで、7日間とっても疲れて、
3日目くらいまでは「7日間って長い!」と思ったけど、
4日目からは「7日間って短い」と思いました。



何を学んだの?

って言われると、なんだろ・・・。って感じですけど・笑。
こういうのって言葉にはならないですね。

とにかく行ってよかった、と。




あぁ、でも、

自分の家族は施設には入れたくない!!

って思いました。




別に職員が悪いとかじゃないんですけど、
やっぱり家が一番って実感したってことですね。






でも自分は施設で働きたいっていうこの矛盾

|

« 施設実習二日目 | トップページ | この辺でちょっとペースダウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139282/6442048

この記事へのトラックバック一覧です: 大学生活に戻りました:

« 施設実習二日目 | トップページ | この辺でちょっとペースダウン »